あろまママるりっちさんのあるがままアロマライフ☆

rurimama.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

背負いこまない!! えいっと背負い投げ〜☆

 圧倒されるような情報量とともに、圧倒されるような愛でした。
井田先生の講演会です♪

魂をここまで語られるとは・・。その勇気・・信じる愛。
ただただ深謝です。
 私たちはどんな思いで転生を繰り返し、なにを目的に生きているんだろうか・・。
ふと子供のころから考えることがありました。
病気がちだったということもあり、考える時間もあったのですが、あまりキラキラした未来というものはビジョンになかったなぁ。(なんて寂しい少女だったの!)
 
でも 心も体も癒されていくプロセスのなか、何度もつまづき、何度も失敗しながらも、生き方つかんで来ましたもの。
 {生きてりゃいいことあるって〜!!}と、体験から真に言えます。
井田先生の強さ。そして優しさ・・自分のお役割を信じて行く姿・・たくさん 学びになりました。
 また名古屋にいらしてくださいね〜☆ ありがとうございました〜(^0^)〜
b0147061_15235097.jpg

 井田先生(真ん中) と らぶり〜♥もっちゃん(左)と もっちゃんのお友達(右)です☆
 穏やかな方のまわりは穏やかな方が集まるものなのです。

とほほ・・なのですが、昨日は いきなり 落ちていた るりっち。
さすがに けーこたんのことで エネルギーもよろよろになってしまったのでした。
(せっかくのオフなのに。。いや、オフだから起こるのぉ?) 
 メールをもらってから カラダにチカラが入らなくなり、いよいよ夜には けーこたんとかつて仲間だった二人にメールを!!
一人で背負いたくなかったのが本音。
気持ちがよろよろになっている 私に、
 まさみさんは 美味しい焼き菓子☆そっとくださいました。甘いものって元気がでるね。
 ひろごろちゃんは 優しいメール・・短くても愛いっぱい。「ゆいこちゃんは大丈夫なの?」って・・そうか、私は自分がへろへろでも 自分にはエネルギーくださいって 言えないタイプだったのですね。
私のことはいいから・・いいから・・って、迷惑かけたくないという気持ちがあるのですが、
かえって迷惑になっていたのでした。教えてくれて・・愛をいっぱい ありがとう♥
 補充・・とよく言いますが ちゃんとしていきますね。
ゆりあ先生に はじめてけーこたんのことを話せました。
メールのなかで、先生は、
「セラピストとして大切なところは、クライアントのエネルギーに巻き込まれないことです・。
私も・・昔は一杯巻き込まれて・・自分が大変になり、家庭生活にまで支障が来てしまったほどでした・。
一番大切なことは、自分が幸せで元気でいること、そうしているとクライアントさんにもエネルギーを流してあげられるのです・。
お辛いことも、お苦しいことも、それは誰もが体験すること・それをどうやって乗り越えていくか・私たちは替わってあげることはできません・。
だから、そっとやっぱり見守ってあげて、エネルギーをそっと流してあげることだけしかできないのです・。そしてそれが一番いいのです・。
私なら・・愛いっぱいの優しい、メールをそっと流すだけかな?そしてスクールにこられたら、そっとヒーリングしてあげるかな?ただそれだけだと思います・。
自分の人生・・きっと乗り越えられると信じております・。
時間がかかっても・・人にはそれなりに・・頑張れる力があると信じております・。
三宅さん・・・しょいすぎてはいけません・しょいすぎてしまいますと・・大変になります。私たちは、ともかくお手伝いしかできないのですからね・。
手足だしすぎ、口出しすぎてしまいますと、必ずさまざまに戻ってきてしまいますからね・。
ゆいこ〜笑って笑って・一杯笑って・・。笑ってね〜。そして深い呼吸をしてみてくださいね〜。エネルギー送るから・受け取ってね〜。」

読ませていただいた瞬間 だーっと涙・・涙でした。
先生の愛は平等で・・ いつも誰にでも落ちているヒトをこうして包み込んでくださるんだなぁ・・って。
元気になれました。
直接の導き手のいくみ先生からも優しいメールが・・。「スカル仲間なんだもの・・いっぱいいろいろおこるけど、大丈夫!」!って。
 甘えるのが下手だった 私ですが、こうして 助けてって言えるようになったのは 自分でも進歩!!
抱え込む・・背負いこむ・・・これ、秘書時代のトラウマ。
 守秘義務ばかりのなかで、どんどん心にカギをかけて、ヒトとつきあえなくなってしまい、高い壁をつくってしまったことを思い出しました。
 壁は自分のチカラで、ケリ倒すしかないのですもの・・きっと香りを学んでいくうちに たくさんの壁を蹴り倒し、自ら着こんでいた鎧を脱いでいったんだなぁ・・と思い出しました。
 そして、私には、いついつまでも尊敬できるヒトがいる・・これって 素晴らしいことなんだね♪

離婚だなんだで いろいろ言ってるけーこたん・・関わっているかぎり、私自身は 愛をつよく大きくしていきたいなあって思った〜〜。
 ただ  けーこたんちの問題は、ちゃんと自分たちで解決しなきゃね。
旦那様としっかりと向き合うんだよ〜。。それしないなら、私はもう けーことは お話ししない。
いままでを思い出すと、今回のことも繰り返しているだけなんだもの。
答えをヒトに求めるだけだもの・・。私からは、期待しないというのも大事かも。そのかわり、あるがままの けーこたんを 遠隔で包み込ませていただきます。

 笑って 笑って・・今日も午前レッスン楽しかったね。のりちゃん みどりちゃんたちは秋のディプロマ試験になったけど、頑張りますって言ってました。一緒にがんばろうね。

昼食をいただこう〜と思ったら・・あれ?! 食べるものがない・・(コドモたちに食べられたのだ)。で、
今日は まったりとワンカフェにいきました〜♪
カフェのママさんは優しくて、何もいわないのにベジタリアンの私のために、ハムのかわりにアボガドをはさんでくださいましたよ☆
桜風味のお茶も最高でした〜☆
b0147061_15235083.jpg
 
by aroma-mamayuiko | 2009-03-31 15:23 | Comments(2)

解剖学☆

講義のはじまる 30分前に ウィル愛知についたら、
ちょうど 井田先生が☆
 スムーズに到着し、しかも今日から高速地道路が1000円で、蓼科から名古屋にいらしたのでした。
 宿泊の予約をとっていなかった先生なのですが、ちょうどひと部屋空いていたりと、なんだかすべてが 良いタイミング〜。
 最初は クリスタルでいーっぱいエネルギーを送り、心がふわっと落ち着いて スタートしました。
 不思議・・クリスタルをもって送っていると、右の目だけから涙があふれてきて、あとから左目にあふれてきました。
 いったい何に反応したのでしょう。
 魂が喜んでいる感覚なのかな☆
詳しい内容はここではお伝えできませんが、心の弱ったヒトにたいし、真に寄り添う・・ということはどういう事なのか、どうあるべきか・・それをうつの果てに自ら死を選ばなければならなかった方のご家族から学んだできごと・・本当に深くはいってきました。
 
1年間の交通事故死者よりも うつによる自殺者は3倍いるのです。
 自分を追い込んでしまったり、周りから 理解してもらえなかったり、同情されたり、ガンバレって言われて追い詰められたり。。
うつって特別な病気ではなくて、誰にでも 現れて不思議はない現象なのです。

 うつになって、シェルターにはいった期間は きっと魂からのプレゼント!
病気になった方は、全身全霊 周りの家族のためにカラダをはってメッセージしているのです。
 もっと愛を思い出そうね・・愛されたことを思い出してよ。もっともっと愛してねって。自分を信じてねって。

 まるっと人生をホリスティックに見て、頑張りすぎてる自分をもっと もーっと ゆるやかにして欲しい。
  どうぞ ゆるやかに なってね☆ 
長い人生を楽しもう。そして自分をもっと 信じてあげてね♪
きっと大丈夫。
by aroma-mamayuiko | 2009-03-28 22:00 | Comments(0)

眠いです Zzz。

今日は 蓼科校の井田先生が名古屋にいらしてくださり、解剖学のレッスンです☆
私・・解剖学だーいすきなのです。
 とくに脳のお話♪
扁桃核・・海馬・・A-10細胞とか聞くと わぁい、知ってるよ〜☆ 
大好き〜☆
まぁ こんな人間なので、ガイコツのクリスタルをゲットしても不思議はないのですが、
やはりブログをみた方は、「悪趣味〜!」とか
「歯がすごいですねぇ」と正直な感想を言ってくださいまして それぞれです。
 ありがとう〜!
 どうやらフェアにあった貴重なスカル(ガイコツ)を手にした方を平尾先生に聞いたらば、
平尾先生、古河先生、西川先生、佐藤先生、石渡先生・・と、なーんか傾向がわかりますね。
午前の部では抽選にもならず、広海先生が 「誰が手にするのかなぁ・・」と
心配そうにみつめていらっしゃっていて、私は最初から目当てだったのですが、
どなたも手をださないので、躊躇していたのです。
 すると「あらぁ・・三宅さんはスカルよねぇ。私も目当てなのぉ・・」と
軽く誘ってくださいました。
 魂ってつながってるのね。さすが我が師匠。 
でもこのスカル・・午後の部では人気だったとか!! (ラッキー♪)

 平尾先生に提案!
「せんせい、スカルノファミリーってことで ファミリーにしちゃいましょうか☆
ドンはもちろん ドンテレサってことで♪おおもとは 広海師匠で!!」
平尾テレサ生身先生・・大笑いでした。
うっしゃー、さすが我が師匠ドンテレサ(^0^)/**

さて まもなくウィル愛知に行きますが、桜は残念ながら咲きはじめです。
急な寒さが影響したのでしょうね。
 井田先生のレッスンはとにかく進行が早くノートをとれないとも聞きました。
 この3月はレッスン・補講・トリートメント 家事も忙しく とくに今週は ぼけーっとする時間もなく、そろそろ疲れがきているころなのです。
どうしよう・・寝ちゃうかも(困) いや、きっと寝る。
井田先生・・ごめんなさい〜。生徒のみんなも ごめんよー。

 卒業式・・別れと巣立ち。そしてまた出会い・・桜は数々の出会いと別れを見守る花。
 そして この季節は やたらと眠いるりっちでした。
b0147061_1122991.jpg

エリザベスがまったりお茶しています。あぁ・・私もエリザベスと一緒にお茶したい☆
ところでこれ、なんのキャラか知ってる?
by aroma-mamayuiko | 2009-03-28 11:22 | Comments(0)

はるっち10才!

b0147061_21174788.jpg

 ぐはっ・・朝 おきたら 足が・・。腰が・・。
どんなに踊っても めったに筋肉痛などしない るりっちだったのに、
もぉう ふくらはぎパンパン。
浜松までの距離も階段ばかりでしたが、行きはクリスタルフェアがあるので エンドルフィンもばんばんでていまして、痛みもなんのその!
本校さんに向わせていただきました。
 お部屋にはいると うわぁ♪
キラキラのクリスタルがいーっぱい。
それに 熱いのですね・・クリスタルは。
 そこにいるだけで元気になります☆
スタッフの先生たちがにこやかに迎えてくださいまして、広海先生・ゆりあ先生・・今日もとっても素敵です♪
 真横から ゆりあ先生の説明を聞かせていただいていると  先生があまりにも かわいくて うっとりんこ〜☆
いっぱいいっぱい愛をこめてクリスタルを浄化し、癒しのレベルになるまでにして 手渡してくださっているのだなぁ・・・ジーンと感激・・でした。
 今回、密かに楽しみだったのは スカルのクリスタル。
ドクロべぇ様なのだー。
インディジョーンズなのだーー。
ということでワクワクとゲットさせていただいたら、提携校仲間のみなさんったら、
「やっぱり るりっちがゲットしたかぁ☆」ですって!!
な〜に〜 それぇ?! 私って どういうヒトですか?
昆虫といったら三宅・・なんて言われていて・・やばいやばい。
普通にしなきゃ。
でも・・スカルって可愛くないですか?かっこいいコが来てくれて 嬉しい〜☆

b0147061_21174863.jpg

帰宅して急いで夕食の支度☆(階段のくだりが筋肉痛で悲惨でした)
今日の主役は はるっちくんです。10才の誕生日おめでとう〜!!!
生まれてくれて ありがとう☆
レニエの美味しいケーキをおばあちゃんと一緒にいただきました。
10年前・・木曜日だったかな。
笑っていいとも!の響くなか、助産婦さんも間に合わぬ超スピード出産で生まれてしまった はるっち君。
いきみを 逃すためにお風呂にはいったら 出られなくなるくらい進んでしまいました。
 ラベンダーのチカラをかりて いざ水中出産!
つるんと真昼に生まれた はるっちでした。
夫が自営業で良かった。出張中じゃなくて良かった。
まるで自分で生まれる時を決めているような はるっちでした。
 兄ちゃんになったばかりのふみひろが 可愛かったなぁ。
はるっちが生まれたら、とにかく 枕のまわりを自分のお気に入りの人形とか持って来て プレゼントするのです。
男の子はだいたいそんな行動をとるらしいけれど、寂しくなかったはずはないのに、はるっちを とっても大事にしてくれた いいお兄ちゃんなのです。
 子供の成長とともに ひとつひとつ・・よい年齢を重ねているんだなって自分に思います。
by aroma-mamayuiko | 2009-03-25 21:17 | Comments(2)

バレエ体験しました〜♪

 チャレンジャー るりっち☆
初のバレエレッスン体験〜!
きっかけは長男のバレエ団からのチラシなのです。
研究生募集とともに、オープンクラス生募集。
このオープンクラスは、ちょいと年とったヒトのためのクラス! 
(わーい おばさんも いいんですかぁ?)

ちょうどレッスンのない曜日だったので 長男に
「おかあさん、体験レッスンしてみようかな♥うふっ」
と、かわいく(←ここんところ強調!)言ってみた。
長男・・「エーッ。ずえーったいイヤ!! お母さんがバレエなんてとんでもない。
お願いですから 考えなおせ!!(ほとんど命令)」
前もこんな押し問答があったのですが、今回もやはりダメ。
 夫が長男に「おい ふみひろ・・お母さんの目を見ろ。これはマジだ。長いつきあいで わかるけど、これはマジだ!!」
 私が夫に「わぁん・・ダーリン、助け舟だして〜。だってもうハウスも踊ってないし、中山先生(憧れの先生なのだ)には会えないし、なにか踊ってないと生きていけな〜いっ!」
ウダウダ・・。
 非常に未練がましいるりっちだった。

ところが、長男がイングリッシュサバイバルキャンプにでかけた昨日・・千載一遇のチャンスが来た〜!
さっそくキャンプに向った長男を見送りバレエ団に電話☆

■るりっち「あのう・・息子がいつも大変 お世話になっております、三宅の母でございます。じつは・・」ということで体験レッスンにこぎつけたのでした〜。ぱちぱち。
□付け加えて・・先生に「せんせい、、息子が反対するものですから、こっそり電話してます。息子には どうかご内密に!」
□先生・・にやにやしながら(なんか ふき出しそうでしたぞ)
「はい、内密にね、ではお待ちしています。バレエシューズは22.5センチですね♪」
   まぁ、、こんなワケで体験レッスンにこぎつけたワケさ、ふっ 。。
実際 レッスンをうけてみると グランフェッテ スートニュー アテティテュードにターン、アラベスク・・シェネ・・ピケターン もーう、ワケわかりません。
周りのみなさんは すっきりとした汗をふいているのに 私は冷や汗・・。
一番から五番の足などは基本なのにすでに ひきつりそうなのである。
 フラメンコで鍛えた足も手もまったく通用しません・・。
やはりバレエはどの踊りにおいても基本なのですねぇ。
 終わって、ぜぇはぁ・・しながら 先生にお礼を言った私。
■「先生・・ほんとうに ありがとうございました。
息子はこんなにハードなレッスン・・大丈夫ですか? ちゃんとやれてますか?」
□美しいY先生・・にっこり笑いながら
「何いってるんですか? ふみ君は専科(このバレエ団のプロコースのことです)のAクラスで、もっともっと高度なことを習っているんですよ。
最近ではスタジオに一番に来てストレッチしていて真面目なんですよー。
フフッ、そうですかぁ・・ふみ君は正体を明かさぬ謎めいた少年だと思っていたんですが、お母さんには怒ったりもするんですね〜〜」
センセイ・・妙に楽しそうである。(心配・・)

■私「センセイ・・つい息子に もっと踊れるんじゃないの? ってプレッシャーかけてしまったこと・・反省しています。バレエってとにかく凄いですね・・」
「ぜひ またお待ちしていま〜す」とにっこり笑った先生・・また踊りだしました。

帰宅した私は ぐーったり。イチゴシュークリームを 一気にばくっ!!
次男君のお友達が5人くらい来ていて ワイワイ人生ゲームをしてました。
のんきでいいなぁ♪

バレエの世界には バレエ人という別の民族がいる・・と思う。
あの体型・・あの姿勢・・そんじょそこらじゃ 作り出せないということを知ったるりっちなのでした。
b0147061_1603545.jpg

華やかに笑うバレエ少女たち☆
長い年月つみあげた厳しいレッスンのはてに 
キラキラした舞台が待っています。
 その舞台は、どんなに群舞でも孤独なのです。心強くあれ☆
071.gif
by aroma-mamayuiko | 2009-03-24 16:00 | Comments(2)

脳と心

この卵型の骨の器にしまってあるものは何?
傷つきやすく狂いやすいひとつの機械?
私たちはおそるおそる分解する
私たちは不器用に修理する
どこにも保証書はない
その美しいほほえみの奥にあるものは何?
見えるものと見えないものが絡み合う魂の迷路?
私たちはおずおずと踏み込む
私たちは新しい道標を立てようとする
誰も地図はもっていない
しかもなお私たちが冒険をやめないのは何故?
際限のない自問自答に我を忘れるのは?
謎をかけるのは私たち自身の脳
謎に答えようとするのも私たち自身の脳
どこまでも問い続け......いつまでも答えはない

 これ、谷川俊太郎さんの詩「脳と心」
 とっても好きな詩です。
心って苦しい・・と思うときがあるけれど、でも心を癒していくそのさきに、
大切ななにかが見つかっていくのですよね。
 人間は心をもっているややこしい イキモノですね。
でも 私はそんな人間という存在が大好きです。

b0147061_21113925.jpg
 大好きなアインシュタインさまと、ヨーキー・ぷりんちゃんの携帯すとらっぷなのだ。
なんだか まったり散歩しているみいなお二人さんなのです。
by aroma-mamayuiko | 2009-03-23 21:11 | Comments(0)

うっとり〜♥

先週と今週の日曜日は、ホールや舞台で うっとりんこ〜でした☆
15日は はじめてのサントリーホール(東京)で日本フィルの{くるみ割り人形}をノーカットで聴いてまいりました。
 バレエ曲はいつも踊りとともに聴いているので、あまり意識しなかったけど、はじめて「音楽」として聴きました。生はいいなぁ♪
今回は音が主役です。
ですので、どんな思いでチャイコフスキーが100年も前に作曲したのか とっても伝わってきました。
目をとじると バレエの振りが目にうかんできてしまう・・。

雪片のワルツ☆花のワルツ☆こんぺいとうのテーマ♪ラストのコーダではコクリューシュ王子とのパ・ド・ドゥが浮かんできました。
指揮の智実さんの後ろ姿にもうっとりんこ〜☆
 
 今回は、久々の東京でおのぼりさんになってしまいそうなところを(いつもなら、枯れ枯れになるところを)、秋田からしばし東京に滞在していた けっぴぃさんとたっぴぃさんに助けていただきたどり着けました〜!!
 おふたりには ただただ感謝です〜♥
ANAのコンチネンタルホテル・・豪華でびっくりしましたね〜☆
カフェなのに それはそれはお高くてびっくり。
でも ゆったりお話できて最高に楽しい時間でした。

 サントリーホールの重厚な雰囲気にも驚き。とにかく音が良い!!
良い音。良い演奏。良い指揮者。良い仲間にかこまれ、うっとり幸せな時でした♪

 さてさて、一週間たち、今回は名古屋。
長男がとっても心待ちしていたグラン・ドリーム・バレエ・フェスに行きました。
塚本洋子バレエ団の先生方も出演するだけじゃなく、今回はヤンヤン・タンさんと、吉田都さんが舞台に出られたのです〜〜!!
はじめて見たヤンヤン・タン☆
この方、アジエンスというシャンプーのCMに出ていましたよ。
覚えている方もいるかな。 とにかく華やかなダンサーなのです。
彼女の妖艶な「カルメン」は鼻血ものです〜。

でもなんといっても吉田都さん!!がお目当て。
パキータのパ・ド・ドゥを踊られたのですが、彼女が舞台に出た瞬間 舞台のエネルギーがふわっと変わってしまったところ・・すんごかった。
都さんは笑顔が本当に綺麗なのです。かわいらしいのです。
プリマってこういうものかぁ・・。絶句。
一瞬で多くの人を惹き付けてしまう魅力というやつを目の当たりにしました。
バレエを愛し、バレエに愛され・・
真のプリマには「私を見て〜」というエネルギーなど必要なく、見た人が、自然に目が離せなくなるエネルギーを放っているのですね〜。
 同じ舞台に出られた 青木先生☆ありさ先生も素敵でした。
K☆バレエスタジオの福岡雄大さんのコンテンポラリーも素晴らしかった・・
カヴァレリア・ルスティカーナで踊られてしまった。
やられた〜!!って感じで、つい涙・・涙・・。

 横にいる長男をふと見る・・・こんなにうすっぺらで いつか女性をリフトなどできるかしら・・。
本人も自分の細さに落ち込み〜〜・・。
あぁ・・白タイツ。息子の白タイツはみたくない・・人様にみせたくない母なのだ。
 やっぱ恥ずかしいぞよ〜。
ま・それはおいといて、いっぱいいただいた うっとりんこエネルギー・・日常に生かして明日からまた がんばるぞー♪

b0147061_2234458.jpg

 秋田のお菓子! かっこいいのだ。お借りしてぱちりんこ☆ 
b0147061_22344585.jpg

 長男・次男がいただいた 秋田のおみやげ。
二人とも 大喜びしました。 「なまはげもっこり」キャンディ!
ビミョーに もっこり がずれているところが ミソ☆
by aroma-mamayuiko | 2009-03-22 22:34 | Comments(0)

はるっち画伯の絵日記をのぞいてみました☆

 いよいよ、はるっち画伯の絵日記も贄先生クラスが終わるとともに終了!
 いままでおつかれさまでした・・と、クラス全員の自由勉強に目を通された担任様に拍手です☆

 勉強が比較的好きではない次男・・自由勉強に絵日記をとったのです。
 はてさて、毎日がネタさがし。
あれこれと家族に取材し、いろんな視点で描いていました。
 この日記・・ありきたりの日々の内容ではなく、自分の気持ちや家族の背景とかが描かれていたので、
「毎日目をとおすのが 楽しみだった」と最後に先生から書いていただき、はるっち、感激していました。

たまに 日記をためこんで提出しては「こまるなぁ・・」と正直に書かれたり、
毎回のレスがとにかく ユニークだった。
ときに 私がネタになり 恥ずかしい想いをしたり、(寝坊ネタ!)
フミヒロは一番ネタにされたのではないかな。(バレエオカマネタ!)

この担任さま、子供たちに人気があり{ 5年になっても また贄先生に担任になってもらいたい人・・}と調べたら ほとんどが また担任をと、希望したということです。

 では 画伯の絵なんぞ ご披露〜。(チョット 画像が暗くって ごめんなさい!)
b0147061_20413552.jpg

↑ これは、ネタがないときに、私のリフレクソロジーのシートを描いたもの・・先生の奥さん自慢は その後も時々でてきたよ〜♪
b0147061_2041353.jpg
 ←はるっちが考えた  「にしもとともっこり」 なんと、西本さんと まりもっこりのコラボなのだ。
先生の真面目なレスに大ウケ!!
(この もっこり人形は実存しません、あしからず! あったらファンから怒られるよー)
b0147061_20413577.jpg
↓ 3Dアート対決はずいぶん 続きました。なかなか OKがでず、真剣に研究していた はるっちです。
がんばったね
はるっち!!


 けーこたんにエールを送ってくださり、本当にありがとうございました。
今日 けーこたんに会いました、いい感じに強くなってきましたよ。
まだ旦那様から連絡はありませんが、引き続き、エールを送ってさしあげてくださいませ。
みちたま♪お花・・ありがとう。喜んでました。
by aroma-mamayuiko | 2009-03-19 20:41 | Comments(0)

ココロの起源

人の心は難しい・・。
心はいつ生まれたんだろう?
我がスクールの人気講師 けーこたんの旦那さまが携帯の電源を切ったまま昨日から失踪。
そこには まるで自○をほのめかす言葉も・・。

たまたま 昨日・今日は生徒ちゃんのお子の卒園式などでオフなので、直接 電話を聞いたり関われるのだれど、美しい桜が芽吹こうとしているこの時期に、人はなぜ不安にかられてしまうのだろう?

子供のころは3月〜4月という時期は ゆううつでたまらなかった。
別れ・・待ち受ける新しい出会いへの恐怖。
咲きほこる桜にエネルギーを抜き取られてしまうかのように、喘息でたおれ、入院を余儀なくされる日々。
庭の八重桜をみつめながら、「唯子のためにうえた桜・・まるで桜は主の命を吸い取っているかのように美しく咲いている」と父はよく言っていたけれど、桜には そんな不思議さと妖しさがありますよね。
でも私がいちばん好きな花はやはり桜の花・・とくに凛と咲くあの白い山桜なのです。


 はるか6万年前のネアンデルタール人たちの骨が、少し前まで戦渦だったイラン・イラク国境地帯のシャンダールの洞窟で見つかりました。
 9体の骨のなかから 不思議な骨がふたつ。
ひとつは 片腕が生まれつき無く、盲目とみられ、
ひとつは大量の花粉にまみれていました。
どうやら、片腕のないネアンデルタールは狩猟にはでられないので 火の番をして仲間に助けられながら生きていたようです。
 もうひとつの花粉まみれの骨・・この花粉は、亡くなった仲間を悼み、埋葬するときに添えた当時の花の花粉なのだそうです。
ネアンデルタールは、石器を削り、小動物の猟りをし、暗号のような言葉もできていたとか・・。
「おさる」の延長のような認識があったらしいのですが、この発見は歴史的な見解を覆すものだったのでは?!
だって。。6万年も前 仲間の死を悼み、花を手向ける心をもっていたのです。
助け合う愛をもっていたのです。
死というものの認識をきっかけに、人間らしい心をもったのです。
それが宗教感や文化を生み出しました。

 このネアンデルタールたちはどうして絶滅したのでしょうか?
それは 突如として現れた背の高い、聞き慣れない言語をもつ不思議な武器をもった種族・・クロマニヨン人たちに滅ぼされたからです。
投げ槍という優れた武器で人間が猟られ、絶滅したということです。
 クロマニヨンたちが悪い・・というのではなく、二種族は脳の構造・・が違っていたのです。

古い脳と新しい脳のバランスがちょうど良かったネアンデルタールは、温厚で慈悲と愛護の心を持っていました。石器でとった小動物や木の実を中心に生きていました。

 クロマニヨンは大脳新皮質を発達させ、前頭葉をぐっと成長させた種族でした。
その素晴らしい知恵(新しい脳)は、言葉や道具を生み出し、古い脳である独占欲・征服欲を充たすための手段となりました。
 彼らの文化は素晴らしく、今もアフリカにあるラスコーの壁画は有名です。
仲間どうしで投げ槍をつかって 狩猟し、死を目前にした恐怖から逃げるために宗教や文化を発達させていきました。
 現代人はクロマニヨンの子孫でしょう。
飛び道具を発達させる脳が暴走し、戦争や憎しみが生まれていきました・・。

ネアンデルタールに還りたい・・ということは できませんが、せめて心は・・彼らに敬意をはらうことができるのではないかな。
 争わず、穫り過ぎもせず、謙虚に死をうけいれていけるのではないかな。

 古い脳にかぶさるように 新しい脳はできました。
何百万年もかけて、人は進化をしたのです。
小さなホヤのような細胞が、人の脳にいたるまでの 長い歴史・・人はたったお腹にいる10ヶ月ほどで体験をします。
 脳の深い溝は・・魂の迷路・・とどこかの詩人がいいましたが、心とカラダと魂のバランスをもって生きることって大事だなぁ・・と感じます。

 おーい、けーこのだんな!!
必死で生んでくれた母のためにも、愛してくれる家族のためにも 生きなきゃだめだからね!!
けーこも強くなりなさい☆ 信じる愛を思い出して。

こういうときこそ精油!!
ネロリ・クラリセージ・ゼラニウム・グレープフルーツ・ライム・・とにかくドーパミンホルモンやら、エンケファリンやら精油のチカラを借りてホルモンだしまくって、幸せ笑顔にならなきゃね★がんばれ〜。

b0147061_10185912.jpg

4年3組の仲間(ガブちゃん)・・もう10年選手です。
哲学的な顔・・してるでしょ?

b0147061_1019093.jpg

羽化に失敗したアゲハ。花につかまり、蜜を吸い、必死で5日間の生を全うしたよ。
 私が近づくと、ぱたぱたと羽ばたかせて、寄ってきてくれました(泣)
by aroma-mamayuiko | 2009-03-17 10:18 | Comments(2)

パイオニア スピリッツ(開拓魂!)

 朝から長男の中学校へ☆
5月10日から 一週間近くの予定で、イギリス語学研修が行なわれる・・ということでガイダンスなのでした。
 まだ英語というものに接するようになって 1年と少しの子供たちを ぽーんと本物の英語圏に放り出してしまうという、なんともサバイバルな中学なのだ。
国際中学という名はダテじゃない!!
先生方も ぞろぞろと外国人ばかりですし、通学しながら留学気分を味わえてしまうのも納得〜〜。
 イギリスで有意義に過ごすためにも、先生たちは サバイバルキャンプ・・という英語づけのキャンプを主催してくださり・・今度の23日から いよいよ最後のキャンプなのです。
 生きた英語を使える子を育てたい・・という文部科学省にとっても この中学は実践派の注目校にもなっているらしい。

5〜6人のグループになって ロンドン市内を自由行動! 昼食も各自で調達。
地下鉄もバスも自分たちですべて・・なのだ。
パイオニアスピリッツというスローガンを掲げ、新しいことにどんどん挑戦して行く・・という方針はカリキュラムにもよく現れていて理解できる。
 
本人の強い希望もあり、小6の秋から受験勉強をはじめたフミヒロ・・よくもあの時期に・・とあきれるほどの土壇場で勉強しはじめ、見事私立中学に合格しました。
自分で選んだだけ あって校風には合っているかな。とにかく楽しそう♪
 
母はいつも中学に行くと肩身が狭い・・。
ジョージ学長の言っていることがぜんぜん わからないのだ。
とくにオーストラリア人の言葉は早口で・・。
三者面談でも担任のアンドレア先生(彼女はニュージーランド出身)の言葉がわからず、妖しげな笑顔をうかべてしまうのでした・・。

 旅程表をみると・・いいなぁ! グリニッジ天文台。
イギリスのご家庭の方たちとの午後の茶話会。
提携大学のバース大学訪問。スポーツ交流。
ストーンヘンジ見学。
オックスフォードハウスカレッジでの語学研修・・。
さまざまな博物館にもいっちゃうのだ。

そのために 母は定期を解約・・くくっ。
今が円高でよかった〜☆ (今年は 比較的費用が安い!!)
でも子供のために使うお金って、無条件で嬉しいですね。
それが還ってこないと わかっていても、未来に託す貯金! 生きたお金になるのですからね。
 元気で 行ってきてね〜!!
言葉では伝えつくせない宝物をいっぱい体験して 成長しておいでね☆

先週はじめて旅券センターに行き、パスポートをつくるのに 時間がかかるって知りました。
いつか母はパスポートを作る日はくるのでしょうか・・。
 子供たちのどちらかが、外国に行くチャンスを作ってくれるときまでは 父も母は外国には行きませ〜ん。
(バレエ少年がいるので、行けないのだ)
そのかわり、日本でまだまだ行っていないところは行きたいなぁ。
あ、 明日は、初めての(憧れの)サントリーホール!! 東京です。
行ってきま〜す!
(明日の夜のぶんまで家事&食事の準備をしちゃいました。すっきり 行けます〜)

b0147061_20503326.jpg

実家で撮った 桜が開花しました☆ 
家を建てた時 桜の樹を切りました。
その子供(切った枝)が花を咲かせるようになりました
071.gif
by aroma-mamayuiko | 2009-03-14 20:50 | Comments(0)