あろまママるりっちさんのあるがままアロマライフ☆

rurimama.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

真夏のみやけさんち大移動✨藤子ミュージアム

Sご夫妻のお通夜・ご葬儀より数日たちました。

まだ悲しみのふちにいるYちゃんに祈りつづけております。
まだ小さなお子さまがいらっしゃいますし、もともと生きる力が満載な方なので、きっと立ち直ります。
そう信じます??

私にも時間が必要だったので、ここしばらく ゆっくり過ごしました。
家族がそばにいてくれる・・この当たり前のことに感謝しています。

長男が「ATARU」のDVDを借りてきて 最初は私がひとりでテレビの前で見ていたら 自然に息子たちが両脇に集まってきて・・・わ。暑苦しい、と思うとともに、嬉しいことでした。

当たり前のことがじつはとても奇跡的なことなのだと 実感しています。
家族それぞれが忙しくなると 家族みんなで食卓を囲む機会が減っていきますが、この食卓をともに囲めるという奇跡を大事にしたいものです。その瞬間のために何度も魂は転生を繰り返し、繰り返し、手にしたかった幸福なのだと・・感謝しかありません。

今年の夏・・言い出しっぺの私がコンサートのチケット代を出し、西本智実さんのコンサートに行ってまいりました♬
演目は「白鳥の湖」全編。
場所は多摩パルテノンホール。

場所が場所だから次男のために「藤子不二雄ミュージアム」も組み込みました。
この藤子ミュージアムはすでに3〜4回行っておりまするが、どうやら出してくれる原画が違うらしい(次男談) ここに連れていかないならば、バレエなど行くもんか・・という次男でしたので、まぁ立ち寄ったわけですが・・さすがお盆の真っ最中・・混み混みでした。
朝4時に出発したのです・・夫どの! 運転ありがとう〜。

まずはレストランに行きます。これ・・テクのひとつね。
b0147061_901346.jpg


暗記パン〜!!

b0147061_902475.jpg


小池さん〜!!

b0147061_904324.jpg

ラテアート?? 美味しいですよ。

朝食としては物足りない感じですが・・
珍しさでテンションアップ✨

b0147061_923917.jpg

のび太くんのお部屋。。めっちゃ精巧な模型。夏のドラえもんの映画に使われたそうです。

b0147061_9344.jpg


どこでもドア〜・・・を楽しむ長男。
b0147061_931927.jpg

いちおう記念撮影✨

b0147061_942176.jpg

高校生になってもドラえもん大好きな次男くん(右)・・
いつもおつきあいしてくれるヒロくん、ありがとう〜♬
まきさん・・写真提供感謝です☆

b0147061_935331.jpg

おっと・・メイン?!の綺麗なジャイアンをお忘れなく!

では〜。
コンサート編につづく016.gif
by aroma-mamayuiko | 2014-09-30 09:16 | Comments(0)

生きることは愛

b0147061_1065149.jpg

 {研修旅行に行きました☆ 左から みつえさん☆まさぴょん☆るりっちです}

b0147061_1071278.jpg

 {みつえさん☆ まさびょん☆ とんちゃん☆ 恵那で買った大福餅を手に手に??}

岐阜にお住まいのセラピストSさんの旦那様が永眠されました。
その前の日にSさんから「ドクターが あと数日の命なので、ご主人を自宅に帰宅させてさしあげてください・・と伝えられました」と電話をいただきました。

そのことを代表の先生方にお伝えし、夜。。「魂の伴侶」の研修旅行のエネルギーを借りて祈りました。
昨日の昼食時 Sさんから電話をいただき 早朝、お亡くなりになったことを告げられました。
まさか・・そんなに早く逝かれるとは・・

ガンの宣告をされて一年ほどになります。
ステージ4の食道がんで、彼はまだ42歳でした。
Sさんもご本人も頑張られましたが、療養の甲斐なくお亡くなりになりました。

後悔は人としての心がある限り尽きませんが、私もしっかりと受け止めて Sさんのお通夜に臨みます。
スクールのみんなといっぱいヒーリングさせていただいたことが想いだされます。
Sさんご夫妻は笑ったり、変顔されたり・・笑顔が美しいご夫婦でした。
たくさんのサポート
本当に本当に ありがとうございます。

b0147061_1075023.jpg

{Jさんのご冥福をお祈りいたします。Yさん・・Jさんのぶんまで生きていきましょう。}

魂の伴侶の研修旅行中のできごとでしたから意味が深いです・・。

まるでここから流されるエネルギーを待っていたとばかり・・
その偶然は必要だと思わざるを得ない気持ちです。
たくさんのエネルギーが流れて そのエネルギーに助けられてSさんは旅立っていった・・そんな気がいたします。

そこには大きな愛を感じます。せいいっばいふりしぼって ここまで頑張ってくださった気がします。
心のレベルでは、もっと生きてほしかったです・・最愛の妻・・幼い息子・・年老いた両親を遺していくのは無念だったろうと思います。
でも 魂のレベルでは・・ここまで・・本当に日々日々余命を更新して、頑張られたのだなぁ・・と感じるのです。


私が最後に故人のSさんにお会いしたのは3週間ほど前のこと・・。妻を思いやり、「Yは、本当に優しくて、本当にありがたい・・よくしてもらっている」といっぱい感謝を言ってくださいました。
その目は真実でした。
Yちゃんも本当に真剣にヒーリングしていらっしゃいました。

生きたいと・・最後の最後まであきらめていなかったそうです。ただ肉体がもちませんでした。

私自身は、アロマのエネルギーに助けられています。みんなと繋がれている・・それがとても暖かいです。

人はコトが起こったあとで、「もっと こうしてさしあげていたら」「こうできていれば」と たら・れば・・の後悔の言葉がでてきます。
人はどこでもこれを使ってしまうのです・・もっと勉強したらよかった・・もっとあの人を大切にしてあげれば良かった。。とかね。
だったら 今から勉強してください。
今から大切な人を愛してください。

私はもう後悔言葉は使いたくありません。
日々日々を後悔なく生きたい・・それは生かされているのだという感謝を忘れないことに通じます。

絶対・・は無いかと思いますが、ひとつひとつ 自分で決めたことにちゃんとマル!! をつけていってあげたいです。
関わった日々のなか、生きることとは・・命とは? たくさんの想いが湧きました。

しっかりと高めていつもどおりまた過ごしていくつもりです。

命への尊い学びには感謝しかなく、
謙虚で真摯な想いをもっと大切に・・生きることは愛・・と私のライフワークであるお役割を続けてまいります。
ありがとうございました。
b0147061_108865.jpg


**********************************************************************
お通夜に行ってきました。

Yちゃんはまだ悲嘆のさなかでしたが、私たちがきたら なんだかホッとした表情をしてくださいました。
無邪気におじいちゃんたちと遊ぶRくんの姿をみると 涙が溢れました。
Jちゃんは 痩せてしまっていましたが 美しい面立ちのまま うっすらと笑って 棺のなかで眠っておられました。

せいいっばい頑張ったご自分を・・Yちゃんは認めてほしいです。
まだまだ足りなかった・・と後悔が出てしまうそうです。
でも人間だもの・・仕方ない。
私だって いっぱい後悔はあるのです。

元気になって 前を向いてほしい・・そのためにも ご縁あったみなさんの愛が必要です。
私も愛するYちゃんのために頑張らせていただきます。
ともに どうぞ よろしくお願いいたします。
by aroma-mamayuiko | 2014-09-25 10:16

両親を敬う??

今日は ちょっとした冒険ディでした。
初の「マイカー実家がえり」を敢行したという記念すべき日となったわけです。
いゃん おおげさ! と笑われそうですが〜・・。
ひとりで運転して行ったのはお初なのよ。(いくみ先生の教室には根性で行きましたが)


夫は今日から九州出張。
長男は富山でコンテンポラリーダンスのコンクール。

もし今日は、私だけだったら図書館でスキな作品を見て芸術に浸りたい〜と計画していたのですが、「はるっち・・いるじゃん!」って ぐだぐだ&のんびりした次男に気づく・・。
そう・・今日は祝日でした。
土&日ともお仕事漬けでしたのでそういう感覚がずれとんのよ。

「はるっち・・今日はどうしたい?映画でも行く? 」
「うーん・・じーちゃんたちに会いにいきたい」とのたまったことで決まりました。
ザ 実家・・・しかも私がひとりで運転しての 
ザ 実家なのだ。

最初に高速に入るとき「はるっち・・引き返すならば今だぜよ」と伝えたら、
「お命・・お母様にお預けもうす」とはるっち。
「あいわかった!」で しゅっぱーつ!!

高速道路に乗ったのはいい・・しかし 名二環の{大森}あたりから上社まで30分の事故渋滞。
暗いトンネルのなかで渋滞よ。
東名は珍しく岡崎・蒲郡方面はスムーズだったのに 豊川インターから下条あたりで道に迷う・・。
のでした。

b0147061_23223276.jpg

{豊橋の下条の風景です、田園風景が美しいです。}

ゆけどもゆけども 田んぼの風景・・川があるものだから 必ずどこかで行き止まりってか?
全て引返してようやく実家に・・
両親たちのびっくりしたこと!! 敬老の日なのに たぶん3年くらいは寿命を縮めたな。
ごめんね。

で・・私の過激な運転に耐えるべく、ひたすら狸寝入りして恐怖を散らしていた はるっちも相当 お命縮めもうした。
あい すまぬ。

着いてホッとして、はるっち・・父・母とともにカフェに行きました〜!!
(帰りも渋滞でへろへろさ、休みに遠くになんて行くもんじゃない・・)

はるっちは 最近はじめた趣味のゴム版画をじーちゃんに自慢したかった様子。
さりげなく見せびらかしましたが、じーちゃんは結構 厳しくて
「なんだ、木版画じゃないんだ」とか「自分でデザインしなきゃだめだ」とかね・・ちびしい・・
はるっち・・ちょっと期待はずれ、
ダメよ ダメダメ〜!
期待しちゃだめなのよ・・ああいう人なのよ。昔から。
それでもぽつりと「やっと俺の版画の才能を受け継げるやつがあらわれたか」と言っておりました。

勝手に決めつけんといてください!! (私のつぶやき)

ほんの数時間で帰宅しましたが とりあえず実家の両親たちの姿をみられて良かった。
なんとか月にいちどくらいは生存確認していきたいものです。

次男と帰りみち・・
ふたりで話しているといろいろな似たワールドをもっていることがわかります。
たとえば・・臨死体験の話や、夜中の金縛りの話・・盛り上がれるんですよ〜。

最終的には「あれって・・ただの夢なんだよね〜」脳のなせるワザだねーー。
霊体験だなんてナンセンス〜! で、終わったりします。

ちなみに・・金縛りのときに見る夢は恐怖記憶と関連する扁桃核と関わっているので、怖い夢が多いそうです。
アメリカではUFO。ヨーロッパでは悪魔。日本では幽霊が定番です。

生きる過程のなかの擦り込みが関わっているのがおもしろいでしょ?
幽体離脱も科学的に証明されているらしく脳内の「角回」がかかわっているらしいです。

そういや
9月13日・・ちょうど27年前に私が生きるか死ぬかの大事が起こった日でした。
2年前は大腸がんのアイさんという生徒さんが亡くなられた日です。

毎年毎年 生徒さんたちとのレッスンや友達や家族とのかかわりのおかげで、笑顔で過ごしててくうちに だんだんと記憶の書き換えが起こってきました。

倒れたときの恐怖記憶や・・なくなられたときの悲しみが だんだんと薄れてきました。
日々を明るく たのしく過ごしていくうちに 記憶って変わっていく・・それが人間の脳の成せるワザです。
嬉しいこと・・感謝の日々をつくりだし、新しい記憶を紡ぐ・・脳は素晴らしいです。
嬉しい記憶・・幸福な記憶は、命の最期の最期の・・臨死体験のまぎわにとても大切になりますからね。
少なくとも、私は20歳で死にかけたときの臨死体験ではいい映像なんざまったく現れませんでした。
魂が「あんたには まだご褒美をやるワケにはいかない」というように・・恐ろしい地獄のような映像があらわれ、その恐怖で起き上がることができたのです。
そのおかげで現世に戻れたってことでもある。

b0147061_23233865.jpg

{おっ・・猫 発見!}

b0147061_2324643.jpg

{見つめあってしまった!!}

いつか来る最期の夢で穏やかな光あふれる瞬間が来てくれるよう 私は今を大事にしようと思っています。
私はよく考えるのですよ。生きることとは? 死とは?
幼少から病気で 棺桶に片足突っ込んで生きてましたからね〜・・仕方ないのです〜。

先日、岐阜のお友達と病気について話していたら 彼女が「ゆいこちゃんは、自分が死ぬんだったら・・急に逝く・・認知症になる・・ガンになる・・どれがいい?」と聞かれました。
私は「えーっと・・えーっと・・」と考えていたら
彼女は「私はね。。ガンがいい」と言っていました、「なぜなら時間があるぶん、身辺整理できるし いろいろと考えることができるから」と・・。
なるほど・・。彼女は心も身体も本当に健康なんだなぁ♪と関心。

結局 私は答えられませんでした。認知も周りに申し訳ないし・・急に逝きかけた過去を想いだすと半狂乱で泣いた母を想いだし それも望めず・・、ガンは 周りの痛みを抱えている方を思うとやはり望めず・・私には結局答えられない。

でもいつか人は独りで死ぬのですから・・寿命を全う(その寿命は人とくらべるでなく、自分の魂が許してくれた歳月でいい)するなかで ぽっくり逝けたらいいな・・で・・早く自分の存在を忘れてもらい 記憶が風化してしまえばいいと思っている。


次男と今日運転しているとき ふとこんな話になりました。
「私が死んでも、お金をかける葬式は辞めてね。周りがどんなに言っても辞めてね。
そして私を早く忘れてね。
戒名もいらない・・っていうか もう考えてくれてあるから〜(こじこじ氏がノリでつけてくれた戒名がすでにある)」

「ゴスの服を棺桶に入れてよ」
先日・・フラメンコの仲間が「フラメンコ衣装を棺桶にいれて欲しい」って言っていたので想いだして私も言ってみたら 次男・・とたんにイヤな顔で「辞めてくれ〜」ですと。

「どんな音楽かける?」と聞かれたので クラシックの曲をたくさんリクエストしたら「あ・・それらは ふみひろに言っといて」

用意周到・・こういう人にかぎって長く生きるらしい☆

こんな会話をしていたら 気持ちがゆるんだのか?!
ふと次男が「おれ・・ふみひろと仲良くない気がする・・おれ、バレエ嫌いだし」
次男は長男に分離感を抱えているんだなぁっと うすうす気づいていたけれど はじめて言ってくれました。
そう言っている次男は長男のコトが大好きなのだとわかります。

長男は・・というと自分のことでいつもいっぱいいっばいで、なかなか周りの感情の機微に気づけないのだろうな。

長男は、次男のことを決して馬鹿にしたりしていません。
むしろ自分の苦手な分野を得意とする次男には ほんのりとリスペクスしています、
それは 親として感じるのです。

次男に「あの子(長男)はただでさえ無口だし、家族には とくに ぶっきらぼうだから誤解されるところもあるけど、はるっちのことは尊敬してるし、大事に思っているよ。
記憶にはないかと思うけど、小さいころは はるっちをいじめようとした同級生を叱りとばして はるっちを庇ったの・・遠慮しているのは 自分のほうだと思うんだけどね」

「そうかもしれんな。友達のなかに にーちゃんとどえらい仲のいい子がおるもんで、なんかね。。ついね。。」とのこと。

わたしも弟につっけんどんで、優しい姉ではなかったなぁ・・いつも私のことを心配してくれていた弟をふと思い出しました。

私は上の子(長子)で いつも親や周りのことが気になっていて・・かつ自分のことでも いっぱいいっぱい。
評価をもらいたくて いい子にしてるけど、結構 弟に分離感ばかり持ってた。
敏感のようでじつは大きく廻りを見ていないから おおいに周りの人に気をつかわせてばかりでした。そして甘えたがりなんだよね。

反面 下の子は・・
頼りなく見られがちだけど、じつは 空気をよぉく見ています。感じています。
思いやりに溢れ 人に気遣いします・・人に甘えてもらうのがスキです。
少なくとも 弟はそんな子でした。

親になって なんだか今ごろ理解できたような・・いえ、まだまだだけど・・。
他のかたたちはどうかしら?!

外面(そとづら)が良いので、なんとなく頼りになりそうなふみひろ(社会に入っても卒なくこなすタイプ)と・・エネルギーに敏感で優しいはるっち(気遣いすぎて疲れるから家でまったりしているのがスキ・・)

どちらも個性的な おもしろい息子たちだなぁって思いました。

そのどちらにも迷惑かけずに老いるにはどうしたらよいのかと?!
ときどき先のことを考えます。
先のことを考えられるくらい 私は生きてこられたということです。
そうそう!親の介護もあります。

息があがって、ぜいぜいしながらも必死で生きてるアーティストかっちゃんじーちゃんと、
脳がいつも全開あかる〜い まこばーちゃん、このおもろい夫婦・・

敬老の日にかこつけて今日は会えてよかった??デス
(土曜日は義母とおそばやさんに行きました、ゆりさまも元気〜♪)
by aroma-mamayuiko | 2014-09-15 23:42

芸術の秋なのです✨

b0147061_23415630.jpg


秋は 芸術的なものに目がどうしてもいってしまいます。
今日の月の美しさに じ〜ん✨ 
そうでした、十五夜お月様です。晴れてよかった✨

b0147061_23411719.jpg

{はるっちくんの消しゴムはんこです。鳥獣戯画編。十五夜っぽい。}

昨日は、長男と愛知県芸の写真展に行ってきました。
ダンスの肥やしにするらしい!
「光の当て方がね」なんて言っておりました・・子供のころは美術館に行くと退屈そうに さーっと通り過ぎていた人でしたが なんだかベクトルが変わってきたようです。
「バレエはね・・用意されているものを踊るんだよ・・古典だから。
だけど、コンテンポラリーダンスは全て自分で作り上げていくんだよ。そ
して そのムーブメントにはひとつひとつ意味がある・・だから踊りながら、意味をとらえ、深め、そしそしてどんどん変わっていったりするんだよね」
ですと・・はぁ。。よくわからん。
b0147061_23433932.jpg

フラメンコはもっと単純<<

たとえば「愛してる!」という踊りに100通りのニュアンスや振りがあり・・しかもひとりひとり表現のしかたも変わるけど、動きやリズムによって感情が伝わっていきやすい踊りでもあるからその単純さが私は好きだなぁ。
b0147061_2344695.jpg


昔・・第三舞台などの舞台がやたら流行った時期(バブル期とリンク) 。
芝居は妙にアンニュイで、誰が主役かわからなくて 最後のシーンは「なんだ夢だったんだ」で終わる・・その荒唐無稽さ?!
狐につままれたような舞台が多くはびこっていて実におもしろくなかった〜。
ごめん。これは私の主観。
私テキには、主役と女と男がはっきりしていて、そこにドラマツルギーがあり、最後はちゃんとカタルシスがあって・・しかも舞台がばらっと崩れるとそこには夜景とこうこうとした月が輝いていて✨ わっかりやすくて感動できるの〜!!

なんやねん!! 唐十郎の芝居かいな?! ってツッコミいれられそうなんですが・・

はい〜・・私は10年くらい前にうまれたかった女なんですよ。
風の旅団とか・・とにかく旅から旅に・・テント芝居に魅力を感じます。
かろうじて新宿梁山泊など2年くらい前に見にいきましたが・・やはりさびれた感じがしましたねぇ。
それがいいっていえばいいけど・・俳優の六平さんがいらしていて、彼のでっかい声がやたら目立っていました〜。
こっそりね「またこういう芝居やりたい」ってつぶやいておりました。
b0147061_23443681.jpg


愛知県芸での収穫は「図書館」
なんとも素晴らしい!!
舞台芸術の宝庫でした。
もちろんアングラ時代のビデオ・・私の大好きな暗黒舞踏のDVD。
世界各地のバレエや民族舞踊・・コンテンポラリーダンス。オペラ。日舞。能や狂言・・ありとあらゆる・・ダンスや絵画が保存されていました。
b0147061_23445239.jpg


やった??老後の楽しみができた。
いや・・すぐにスタートできる地味でクリエイティブな趣味だわ♬
地下鉄代だけで済むし・・人を巻き込むこともなく 一人で好きな世界に没頭できるし・・15日は暇な休日となりそうなので、そこで日がな過ごそうかなぁってワクワクしています??

封切りしたばかりの映画を見てきました。
「イブ サンローラン」という映画です。
あの有名な方ですよ!!
b0147061_23452173.jpg

ゲイでジャンキーってことは知らなかったですけどね。
綺麗な男性です。芸術脳の男性ってゲイがどうしても多いんでしょ?
バレエの世界も多いらしいです。
夫がこの映画をみて「あんなに綺麗な女性ばかりに囲まれて、どうして男性しか愛せないんだろうね?」
ですと。さぁ。。どうしてでしょうかね?

え?これがオチ?
はい・・もうオネムです。ごきげんよう??
by aroma-mamayuiko | 2014-09-08 23:46 | Comments(2)