あろまママるりっちさんのあるがままアロマライフ☆

rurimama.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

無事 むすっこさんの手術が終わりました❤

{我が子は二十歳になりぬらん
博打してこそ歩くなれ、
国々の博党に、
さすがに子なれば憎かなし、
負いかたまうな、王子の住吉 西宮}

こんな梁塵秘抄の一編を思いだしました。

b0147061_0392233.jpg


{私の息子は もう二十歳になったでしょうか? あちこち博打をうちながら流れ歩いているそうです。国々の博打打ち仲間と一緒に。
それでも自分の子供なのですから 憎いわけじゃありません。
どうか負けさせないでください。王子の神よ、西宮の神よ・・。}
こんな意味かな?!

b0147061_040177.jpg


どんなにヤクザな息子でも子供は子供・・いくつになっても可愛いもので・・親馬鹿でなんとも切ない歌なのですが、
私・・よく気持ちがわかります。

8月20日
負傷した不肖の(博打は打ってないですよ)息子の膝手術が無事終わりました。
手術に至るまでもさまざまありましたが 相当の覚悟で全ての舞台を{棄権}と決めた息子・・でした。
私も残念に思いましたよ・・なぜって 私はダンサー ミケ氏のいちファンでもあったからです。
手術にいたり、覚悟を強めるために自分でボードアップしていました。

それを読んでくださったアロマ仲間の方たちから力強いエールをいただきました。
 息子は幸せもんです。
私も家族みんなもとても幸せもんです。
本当に ありがとうございました。
b0147061_0402989.jpg


バタバタでしたが家事も終え、やっとパソコンの前に座れました〜⭐︎

「左膝の半月板断裂ロッキング」の手術・・外科なのでそんなにドキドキすることはない・・と思っていたけれど、やはりドキドキしました。
息子の脚にメスが入るのですから〜。しかも親ってつい先回りしてしまうのです。
リハビリどうなる? ちゃんとまた踊れるようになるの??とかね・・

でも 本人はいたって前向き。
スポーツトレーナーの勉強になるし、自分の脚だし、ちゃんと見ておこう・・って手術のモニターを見ていました。
あとでホルマリン漬けの半月板をもらっていましたよ・・自分のだからまぁ・・いいけど。
テーブルに乗っていると ぎよっとします。

私もDVDを見ましたが、血とかはありませんでした。 水中をふわふわと漂うクラゲさんのようでした。

今回の手術・・縫合はなく、部分切除だけで済みました。
というのは 半月板って通常は三日月の形が本来の型なのですと・・でも長男は普通よりも半月板が大きく ちょうど半月の型だったことがわかりました。
余分にとびでていたから断裂したので そこを削ったら 三日月型にもどった・・ということなのです。

ともあれ過酷なリハビリが待っているようです。
彼にとっては 踊れないことのほうが辛いでしょうから、この日々を乗り越えて 再び踊れるのなら 彼はどんなに辛くても頑張っていくと思います。

今も病室ではずっとダンスのDVDを見たり映画をみて ちょっと通常の二十歳男子じゃないね〜。
どんだけ ダンス好き〜?!

はるっちが ゲーム機を 兄へ・・と差し入れしたりして・・弟なりの思いやりを見せておりました✨
ぷりんちゃんは ちょっと寂しそうです( ; ; )
私はというと 夫が昨日 九州出張から帰り、ほっとしています。
b0147061_0413114.jpg


今年のお盆やすみは 穏やかに家族で過ごせました。

生きていれば いろいろ起こります。
でも 起こるほどに 家族の絆は強くなるばかり✨

ありがたい日々です⭐︎

最近 スプルースという精油にはまっている るりっちさんでした〜??

写真は・・上から
実家近くの {西洋茶店}さんにて・・
実家の両親たちと行った 豊橋市の老舗 「きく宗」さん。なめし田楽定食・・絶品でした❤️
送り火の風景。ご先祖さま に感謝。
西洋茶店でだしてくださった カップ・・素敵でした??
by aroma-mamayuiko | 2015-08-22 00:58 | マイライフ

子の心 親しらず

親の心配もなんのその

負傷息子は いざ神戸へ・・
昨日 旅立ちました。

顧問の先生・・「私たち 昨日からずっと作戦会議をしていました! 
今日はOBも沢山来ます。車も出せますから なにかあっても大丈夫です」

安心して・・とは言えませんでしたが、手ばなしたのですから 
あとは先生やみなさんに
託して レッスンに・・トリートメントに 
私たち家族はいつもどおり過ごしていました。

夫と今回のことで よく話し合ったとき「僕たちも昔は同じだったね。君なんか 喘息でぜーぜーいっていて、いくら止めても 点滴を打って舞台に出てたよね」

そうです そうです・・私もかなり無茶しぃでした。
自分が出演しないことで全体が動揺し調和がくずれるほうが怖かった・・
舞台に出ていると へんなエンドルフィンというかが脳内から出ていて なんとかなったものです。

今日の夕方
息子から ようやく連絡が入って 
見てみたら

「予選通りました。
膝は今のところ たいして悪化していない」とだけラインに。。

もし息子が出演しようとしなかろうと、息子が愛した作品はちゃんと見ておきたい・・と思ったので 明日は神戸には向かう予定だったけど {決選を応援に行く}という大義名分はできたわけです。

膝を傷める前の通し稽古では 
素晴らしくパワフルに かっこよく踊っていた息子ですが・・今回はいったいどうなってしまうのか。
想像すると なかなか辛いもんがありますが、しっかり見てこようと思います。

神戸の本番が夕方くらいなので、大阪によってランチを食べにいきます!

まりちゃん先生と かのんちゃん先生??
どうぞ よろしくお願いいたします〜??

起こることには意味がある  それは愛のなかで起こっている

ホリスティックに人生をみると 
なにひとつ不要なことはない
全ては必要があって起こっていることなのだと ・・

これからの大変なリハビリの道を思いつつも 
呪文のように 唱えては自分を奮い起こすのでした。

たくさんのエールを 本当に ありがとうございました。

ひとりじゃない・・その暖かさで今 
私はこうしていられます。

どんっと構えた 肝っ玉 とうちゃんのこじ氏。
まるで他人事〜の次男にも妙に癒されます。

舞台人として 演るからには 半端な踊りを見せんじゃねーぞ!!

これが私から息子への愛のコールです??

b0147061_23441516.jpg

by aroma-mamayuiko | 2015-08-06 23:46

ピンチはチャンス!

昨日の深夜12時・・はいつもどおりなのだけど、大きな荷物をかかえて帰ってきた長男・・
「膝を傷めた・・自宅までの距離なのに痛くて歩けない」とコール。
彼にしてみたら 珍しい「ヘタレ」なコールだった。
こりゃ なにごとか?!と地下鉄の二番出入り口まで迎えにいきました。

ダンス学生たちのための甲子園!!
と言っても過言ではない神戸ダンスフェスティバルは5日からスタート。
予選は あさっての6日です。

練習も佳境のなか、踊れるから・・と、
どんどん激しい振り付けをつけていただいちゃった長男くん・・あるムーブメントでハイジャンプから着地・・そのとき 若干左膝を床に打ちつけて「かくん」・・と関節が外れた感じになったのだそう。

そのときはまだ違和感を感じただけで・・踊っていると関節がもどったり・・ところが あとでどんどん痛みが増していったそうです。

だったら 早く帰宅すればいいのに、先生やみんなに 「大丈夫」とか言ってしまったのではないかな?
いつもどおり深夜の帰宅でした。

4日は大切な方のトリートメントのご予約もいただいていたのですが、長男のことを理解し応援してくださる方だったのでトリートメントは延期してくださいました。

さっそく長男を車にのせて朝から整形外科へ・・。
レントゲンを撮り、MRIも撮り ようやくわかったのが 半月板に小さな傷が入っているということ・・無理に数回もどしてしまったことで炎症を起こし 膝の骨のなかが内出血していることがわかりました。

このまま痛みや違和感が残るようなら(ダンサーとして生きたいのならば)手術することに・・

今はとりあえず湿布してうごかさないように・・そして二日後の舞台はすすめられません・・とドクターは言ってくださいました。

長い長い時間・・病院で待ち続け、あれこれと悩みが浮かんだり・・メッセージなのだと必死で前向きにとらえようとする自分がいました。

今はもう ただただ 祈る気持ち・・です。
息子がこれから さらにダンス人生を頑張りたいならば 私としては ここはいくら大役でも降りたほうがよいのではないか・・まだ富山のコンクールもあるだから そこに焦点をあてて頑張っても良いのではないか・・と思ったりするのですが、

全ての診療が終わり息子がいったことは「振り付けを変えてもらってでも 俺は出たい・・みんなと踊りたい」強い意志でガン・・と私のエネルギーをはねとばしてきます。

でも 足・・びっこひいてるじゃん!!

もしこれが バレエのコンクールだったら リタイアは( 自分が悲しいけど)ソロだから 人に迷惑をかけることはないでしょう。
でも 仲間と一生懸命作り上げていった作品は そう簡単にはやめられない・・と、
理解できるのです。

とはいえ息子の身体を思うと 
ただただ大切にして欲しい・・・

泣けそう・・になりました・・が、最初からケアに携わってくださった柔道整復師の方が「僕もスポーツをやっていて、傷めてしまったから 気持ち わかりますよ。
自分で決めるしかないよね。自分で納得してすすむしかないよ」とドクターとしてではなく 一人のスポーツマンとしての気持ちを吐露してくださいました。

顧問の先生も きっと踊りを見たらわかってくださることと思いますし・・出られなかったら それもまた人生の大切ななにかになる気がします。
悔しさ・・・だって成長の栄養になるでしょうし・・なにくそ! と思えることも大事だと思います。
作品に出たとしたら もう腹くくって・・帰宅したらとにかくケア!! を協力したいです。

b0147061_239246.jpg

{昼休み・・息子とカフェへ。
砂時計が落ちるのも 一日千秋の気持ちでみつめていました}

なんとも長い一日でした・・
明日
わからんちんの息子っちは朝早くから大荷物をかかえて 神戸に向かうのでしょう。
はらはら ドキドキ しますが、私はそれでも見送らねばなりません。
顧問の先生・・ダンス仲間のみなさん・・どうか どうぞ ふみをよろしくお願いいたします・・
祈るばかり。

そして私は私に祈ります。
もしこれを読んで愛を送ってくださる方がいましたら
どうかそっと見守ってください。

あー・・さすがに今日は 凹んだ凹んだ。
明日はもっと元気でいよう。

魂の感覚を大切に・・
だって、ピンチはチャンス!!ですからね。

PS 最後に・・
シンガポールのとんちゃん??
病院で わたしがいちばん不安なとき 力強くメッセージくれて・・支えてくれて ありがとう。
ほんとに ほんとに あったかい愛をありがとう〜!
こんな私も ふたりの息子の母です。
こじこじ君と力あわせて がんばるね。
by aroma-mamayuiko | 2015-08-04 23:20 | マイライフ