あろまママるりっちさんのあるがままアロマライフ☆

rurimama.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

尊いその姿

父が退院し 一週間⭐︎

b0147061_21431092.jpg


{父の入院中・・母とご飯を食べにいきました。
豊橋の老舗店のなめし田楽定食です。新婚のころ いつも母におごってもらっていました。 
ちょっとした恩返しです⭐︎ }

両親とも 落ち着いてきました。父・・入院により あれほど執着していたタバコから離れる流れとなったこと・・ 大動脈瘤が別の病気のおかげで見つかったことも ただただ魂の流れを感じました。

b0147061_21434061.jpg

{入院 二日目の集中治療室にて・・ピースも弱々しくて・・}

学びは 太鼓たたいてどんどんと・・来るときにはやってくるものですね。
でも 奥深く感じられのは、すべてが 互いの魂どうし あるひとつの目的で協力しあって起こるできごとなのだということです。

表面的に どんなに大変であっても  きっと乗り越えられることなのだと 感じられました。
身体は疲れましたけどね・・でも アロマの研修や補講をさせていただくと エネルギーが湧いてきて元気になれました。
それを深くから実感した日々です。

スクールのみなさんは 軽やかにお声がけくださりながら 
いつも平常心でいらしてくださり 本当に感謝しております。

もしひとりで部屋にこもって 両親のことばかり考えていたら 私自身が動けなくなってしまったかもしれません。
私のベースは・・思いたったらまず実行!!です。
余分なことを考える時間などいりません。
もしも時間があったら 食べて寝る・・じつにプリミティブですが、それが私の元気の素です。
b0147061_21442573.jpg


{元気の素・・ともさんのコンサート!! パイプオルガン席で 舞いのような美しい指揮姿を見てまいりました。聞いてまいりました〜⭐︎}
b0147061_21443992.jpg


今朝は9時半ちょっと前に実家に行きました。
両親そろって 介護認定の調査をしてくださるとのことで豊橋市役所の担当さんがいらしてくださったのです。

ひとりひとりに、 いろいろと丁寧に聞いてくださいました。
担当の方は 必死で介護になりそうなネタを探してくださいました。でも どうなるかは さらに上の方たちが決めるらしく・・・どうなりますやら?!
驚いたのは 私や弟が「心配だから介護を」では決して通らないということがわかりました。
では・・コンロに火をかけっぱなしの母が失敗したら・・そして家が燃えたらようやく介護認定は通るというのでしょうか?

父が痛みで苦しんでいても そばで ぼおっと・・なにも判断できずにいた母です。
長野の遠い地に娘がいて、競輪のレースで不在の弟をひたすら待っていた父は心細かったでしょう。
母には不安や心配などのような感情はありません。
すぐに忘れてしまうのです。
父はなかなか 大変だったと思います。
でも これは母のそばでは言えませんでしたけどね。

父は頭の回転が早く・・介護認定はおりそうもないそうです。認定よりも 父には早く肺の治療が必要で・・その前に手術。

あとは結果待ち・・
これらの件は弟からもすべて委任されていましたので、私は頑張ったと思います〜。
はあーーー お疲れさん⭐︎
b0147061_2145447.jpg

{自分にご褒美♡ }

両親が久しぶりに 二人寄り添って テレビをみながら 笑っていました。
いつものように美味しいお茶を出してくれました。
この当たり前のような姿が じつはとても尊い宝なのだと あらためて気づかされました。

b0147061_21451655.jpg

{手術が怖いーーーと内心 ビビりまくっている父です。47キロになってしまった体重を早くもとに戻してね・・・とスイーツを差し入れしましたら・・母がパクパクと!!あらら }
by aroma-mamayuiko | 2016-05-27 21:57 | Comments(0)

6月のお知らせです⭐︎

この時期 雨も多く そしてすぐに晴れ間・・
父の入院から実家に向かうことが多く、高速を運転する機会が増えました。
先日 豊橋から自宅に向かう帰途で 大きな虹を見ました。
美しい虹で  ほんのうっすら二重になっているのです。

昔の人は虹を龍が天に昇る姿だと考えたそうです。
しかも、雌雄の別まであるのだというのです。虹は 虹霓(こうげい)ともいいますが 「虹」は色が鮮やかなほうで雄。「霓」は雌なのだとか。
まさしくペアの虹は 両親が寄り添い頑張ってきた姿のようで とても嬉しくなりました。同時に私たち夫婦も支え合いながら頑張っています。
みなさまもご一緒ですね♪ 
そういえば、二重虹は うちと外とで色の配列が逆になっていました。
見つめ合いながら 寄り添う夫婦・・なのでしょうね。
b0147061_10533992.jpg



二週間の入院でしたが、父は今週末に退院いたします。
母にも父にも介護のほうを進めており、豊橋の市役所に連絡したり、包括センターの方のところに行ったり、来ていただいたり、主治医の先生方にご挨拶に行ったりと、癒しにむけて魂の流れを大きく感じております。
真に信じる気持ちを自らにつきつけられている感覚があります。
エールを日々 お送りくださり ただただ ありがたく感じております。
アロマの仕事も調和できており、なにより ありがたいことだと思っております。

アロマを通して愛を語ることで自分が元気になる。。このことも実感しておりまして、あらためてアロマの素晴らしさを感じ入っております。

6月の研修会のメンバーさまは以下のとおりです。明日が締め切りです⭐︎

6月の研修会⭐︎ボディメイク ハーフ(バストアップ ウエストシェイプ編)
6月7日 火曜日・・川崎さん 小島さん
6月9日 木曜日・・西村さん 篠田さん 柴山さん
6月18日 土曜日・・池田さん 米本さん 伊藤恵子さん

ほぐしあって 元気になりましょう。

補講のごあんない
♫ フェイシャル研修の補講は5月31日です。2クールになります。
9時半スタート・・あとおひとり募らせていただきます。
→{お久しぶりのフェイシャルちゃん補講}もいつでも可能です。ご希望がありましたらどうぞ〜。

♫ ヒーリング研修の補講は 6月15日(水曜日)と6月21日(火曜日)を予定しております。
10時から 1クールにて予定⭐︎

トリートメント日程 空いております〜!
5月23日(月) 午前〜 ⭐︎ 
5月24日(火) 午前〜・午後〜⭐︎
6月1日(水)午前〜・午後〜⭐︎
6月6日(月)午前〜 
6月11日(土)午前〜

前半は上記のとおりです。
お待ちしております。


素敵な 早苗月(6月)となりますように✨

b0147061_10541545.jpg

ワンとも心地よいですね〜。ころころと??
b0147061_10543053.jpg


いやはや・・ワンとも♫
b0147061_10544351.jpg


チャクラから ほぐれるぅ〜
b0147061_1054565.jpg


整いました! 決めっ。さぁ散歩にいきませう。

b0147061_10551291.jpg

人間でいうと70歳くらいだがね〜・・元気でがんばるよ〜。
by ぷりんおばちゃん
by aroma-mamayuiko | 2016-05-19 10:59 | お知らせ⭐︎ | Comments(0)

トリートメント ご予約受けたまわっております✨

5月がはじまりました〜⭐︎

五月病・・というワードをよく聞きますが、疲れがどーんと出る時期なのです〜。
風邪など ひかないように どうぞお気をつけくださいね❤️

遅くなってしまい 申し訳ありません。

5月のトリートメント日程です。
午前・午後がぜんぶ空いている日程をあげさせていただきました。
ゴールデンウイークの関係もあり、前半はすでに日程がなく ごめんなさい。

午前は9時半からご予約可能です、午後は13時半から可能です⭐︎

5月16日 月曜日
5月19日 木曜日
5月23日 月曜日
5月25日 水曜日
5月27日 金曜日
5月28日 土曜日
6月1日〜6日はまだ  空いております。日曜日もok。
ご予約 お待ちいたしております。

優先します このような方々・・
⭐︎未来の宝物を命がけで育てていらっしゃるマタニティの方
⭐︎産後でお体と心のバランスがとりにくく、ベビームーンにのっかれない方(ひとりで抱え込まないでくださいね!)
⭐︎介護職・看護職の方(本当に ごくろうさまでございます)
⭐︎お仕事いっぱいいっぱい 頑張られている方(肩の力をぬいて 気楽になりにきてください)
⭐︎さまざまな状況で 心がはりさけそうにお辛い方(どうぞ ごゆっくり 涙を流しにいらしてください)

心 体 魂の痛みを そのままになさらずに・・
深い呼吸を取り戻しに まったりしに いらしてくださいませ❤️

メニューはホームページのトリートメントのコンテンツをご覧くださいね⭐︎
 ヒーリングのお時間がかかる方もいらっしゃいます、そうしますと、明記してあるお時間よりもオーバーしてしまうことがあります、
よろしくお願い申しあげます。

b0147061_2250464.jpg

まには寄り道もいいですよね〜✨
by aroma-mamayuiko | 2016-05-07 23:03 | お知らせ⭐︎ | Comments(0)

尊い時間

ゴールデンウイークの真っ最中ですね。
b0147061_22505022.jpg


2日は私が一人で実家に行き、介護保険を進めていきたいのであれこれと動いておりました。
4日は私たち家族メンバーで実家に行きまして、今年のgwは ほとんど実家・・両親もちょっとは
和んだかしら?!

孫パワーはすごいんです。
あの厳しい父の顔が緩みっぱなし・・そこに ぷりんちゃんが はむはむとすり寄ってくるものならば
 さらに目尻が下がってしまいます。
はるっちとは 漫画の話・・ふみふみとはダンスの話でプチ盛り上がりを見せるのでした。

b0147061_22512419.jpg

{土岐のテラスゲートで・・おにまんじうが 美味しかったーー。甘酒もね}

ここ半年・・父の体調の変化が著しく・・あることがきっかけで 介護認定をいただこう! と私のなかで思い至りました。訪問介護をいつかしていただけるようにしたいのです。(父は猫のように家が好きなのです)

老夫婦でなんとか頑張っておりましたが、父の酸素濃度の低さを思うと 放っておくことはできません。
ところがなんど言っても、本人「はぁ? 介護?! そんなもん要らん」の一点張り・・
介護のために豊橋の包括センターに行く算段をととのえ「そちらに行って 手続きするから」と言ったら大喧嘩がはじまってしまいました。
母まで電話のそばで文句を言いまくっていたので「うるさい! 私がそうしたいからするのだ」と言って
 ぶちっと切りました。
翌日・・息子たちに弁当を作ったら 即、高速を飛ばして豊橋へ・・

包括センターの方に 父の体調等を話すと「すぐに主治医の先生から意見書をいただいてください」
と伝えられたので あらかじめファックスでお願いしていた意見書について主治医にお願いに行きました。

主治医の先生も「わかりました。とにかく介護の認定は通しておくと メリットは大きいですよ」と言ってくださいました。
父の大好きなドクターなのですが、小児科・消化器科そして漢方の専門ですが、呼吸器は全くの専門外なのです。
いずれ酸素吸入を・・と必要になっても ドクターには許可証が書けないのです(包括センターの方がおっしやっていました)。

ドクターからも快いお返事がきた・・さぁて、あとは本人・・・と意を決して(喧嘩オーライって感じよ)実家に向かったら 意外・・「ふーん・・行ってきたんだ。まぁいいよ、勝手にやってくれりゃあ」ですと。
力が抜けた・・前日の勢いはどうしたのだ?!

たぶん・・叔母(母の妹)が上手に言ってくれたにちがいない。
「唯さんがわざわざ名古屋からきて 手配してくれているんだよ」こんな感じだと思う。
私も少し叔母に伝えておいたのです。そして弟にも。
弟からも「ありがとう、お願いします。なにかあったらサポートしますんで・・」応援エネルギーいただきました!

全権大使・・って感じで、ひたすら自分を信じて進ませてもらいました。
実家にいき、予想外に素直になっていた両親をみると これで良かったんだ・・と感じました。
両親たちも肩の力を抜くことができたみたい。
b0147061_22515782.jpg

{山岡の道の駅にて・・}

そしてこんなことも言っていました。
隣のSさんちは 娘が3人いて 代わるがわる週末ごとに実家に来てワイワイやっている・・
うちは誰もきてくれなくて寂しい・・・

はじめて父の孤独を感じました。というか・・言葉ではじめて出せたのです。
母もうなづいていました。

子供が小さいころは いつも訪れていた実家ですが、お子たちが大きくなると 彼らもそれぞれに忙しく実家から遠のいてしまいました。
父たちも自分で動けたころは寂しさも感じなかったかと思うのですが(弟のおこたちも 遊びにきていましたしね)、母がくも膜下出血でたおれ、弟たちが実家を出てしまい、母の病状もあり、あまり外に出られなくなったら 体調もダウンし、タバコの量もふえ、次第に父の状態まで変化していきました。

「寂しい」とあのプライド高き父が言うのは本当に勇気が要ったかと思うのですが、自らの壁を自らで叩きこわした時だったのかと思います。

私も反省しました。

ごめんね・・寂しくさせて。

両親たちは戦争まっただ中に生まれ、親の老いを見ていません。
というか昔の人たちは今ほど長生きではありませんでした。
だから老いというものは ある意味 未曾有の未来なのです。

私たち世代に見せてくれていること
私たちは真摯に受け止めて学んでいくことが大事です。
これが老いである・・これは未来の姿なのだと。
いえ・・すべて一緒ではないでしょう。

どんなに文明が栄えて便利になろうとも、人の心はそんなに急速についていけるものではありません。
むしろその進化についていけるか・・といったら 私は無理・・なほうだと感じます。

父たちは孤軍奮闘するタイプでしたが、これから介護の方たちと少しづつでも関わっていったなら
 きっと人の温かみを知るでしょう。
そんな意味で  私は今回とても頑張ったと思います。

老いを救うのは 老いる自らをしっかり受けいれ 覚悟し、そして時に人の温かみに甘えることが大事だと・・思います。

私はどんな老人になっていくのだろう・・とふと思うことがあります。
65歳くらいまで生きられたらもう十分だ・・と思っていた過去に思いをはせると、
もう少し生きたいと思えるようになってきました・・新しい自分を発見です。

90歳とか80歳とか・・贅沢はいいません・・でも魂が決めてくれたそのときまで 
私は生きていきたいです。

だって 愛する人がいるのです・・なるべく一緒に 時を過ごせますように・・
もし万が一のことで早々に寿命がコト切れたとしても(20歳のときすでに その機がありましたが、意味があったのか寿命を更新できました) 
b0147061_22523783.jpg

{がらん がらん 鳴らし過ぎ!! }

b0147061_2253537.jpg


願わくば 
後悔なく日々を生きたと 感謝してその瞬間をむかえられますように・・

せいいっぱい 今を生きることが大事ですね。
by aroma-mamayuiko | 2016-05-04 22:59 | マイライフ | Comments(0)