あろまママるりっちさんのあるがままアロマライフ☆

rurimama.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お好み焼きやき☆

お好み焼きはどなたも好きですよね。
私たち家族も好きです??

通常は小麦粉やお好み焼きの粉に刻みキャベツやらネギやら具を入れてドンっと焼くのが一般的みたいですが、私が好きなのはちょっと違うのです。

たるたるに溶いた小麦粉。刻みキャベツ。ネギ。スライスちくわ。青のり。紅しょうが。ウスターソース。鰹節。
などを別々に用意します。お好みでツナ。チーズ。コーンなどを用意してもよし☆

で・・とろとろの小麦粉ベースのみを鉄板にたらーり。
(ニップンの{こんな小麦粉ほしかった!!}という粉がすぐ解けていいよ〜)
くるくると伸ばし薄くしたところに どさっとわしづかみのキャベツ、ネギ、ちくわ、紅ショウガ・・とにかく入れたい具を素早くもりあげ、鰹ぶしをふわっと・・そのあとで即、ごく少量の小麦粉ベースをかけてフタがわりにして焼きます。
で・・適当に焼けてきたら すぱーんん!! と、ひっくりかえしさらにもう片面を焼きます。
最後にウスターソースをかけ青のり・鰹節をかけ、お好みでマヨをつけていただきませう011.gif

なんといっても焼けた小麦粉のぺなぺな感と、さらっとしていてちょい辛いウスターソースの感じがいい。
妙に甘ったるいソースや、できあいのお好み焼き粉や甘いソースがでまわっておりますが、私はやはり実家直伝のこの昭和っぽいのが好き。
薄い生地で早く焼けますし具も味もシンプルでいい。

ひっくり返すときは相当技術がいるんですよ。
表面の具がのろのろやっているとばらぼろとひっくりかえるので 度胸でばーん・・と一気にひっくり返す!!じつに男前なお好み焼きなのです〜。
(わたくし ひっくりかえすのがめちゃ上手でね☆家族から いよっ、男前ーー!と言われております。ちゃぶ台ひっくり返さんようにせんと!!)

ソースは おたふく?! ノンノン009.gif甘過ぎまぁす。
カゴメのウスターとブルドッグの中濃をブレンドするのがテイスティ〜☆

こだわるなって?
だってお好み焼きは誰にとってもソウルフードじゃあないですか?
とくにスライスちくわは忘れちゃいけねぇよ☆
(あ、言葉がガテン系になってた)


b0147061_22265712.jpg


実家白井家直伝☆
家族で鉄板を囲んでまるでわいわいと。
大騒ぎで焼いて楽しんでたらふく喰って!!(そう・・食べるんじゃなく、喰うってかんじなのです) 幸せなお昼ご飯イベントの記憶・・。

小さいからだでも、少なくとも4枚はいただきましたね〜。
焼いているとき小麦粉をちょっと伸ばしてうさぎの耳ーー・熊の耳ーーと遊んだり。
その耳がちぎれて悲しかったり・・。(どうせ食べるのに??)

むふっ?? 今夜も大判2枚いただきました〜☆

厚めで具だくさんを焼くタイプや どろどろしたお好み焼きはちょっと苦手〜008.gif
でも好きな方もいますので人それぞれでいいね。
白井家ふうもいっちょ トライ!
昭和っぽくていいですよ〜☆

ソウルフードネタで・・もひとつ。
ときおり{きなこご飯}を食べたくなります。
父が好きで、私も自然に食べていました。
甘いんですよ、、それ。

父のお手伝いをしながらよく作りました。
たくさん作るので まずは新聞紙にきな粉をざあっと・・湿り気をとります。
で。。適当に砂糖を・・そして少量の塩を・・この塩がネックなんだなぁ。。こりが。
あとは 混ぜて混ぜて ガラス瓶に移して出来上がり。
あとは ご飯にふりかけていただきやす。
なんちゅうチープでかつ美味しい味なんでしょう?! 別にボウルでもいいのに新聞紙なんだよね。
戦時中の父たちのおやつだったのかと・・。砂糖は貴重品でしたしね。

今だったら 国内産のきなこにてんさい糖・・天塩・・のようにこだわれるけど ちっちゃいころの味とちょっと違うなぁ・・。ブレンドわかわらないのになぁ。。

とはいえ、私の作るこの素朴な味はすでにお子たちのソウルフードになってます☆

これからもシンプルだけど これこそ母の味ーーーってのを作ってあげたいですね。

赤みそのお味噌汁はいつも本当に喜ばれます〜。(私はいまだに赤みそオンリーは苦手っす)
いつも夫が美味しい美味しいと言ってくれるのが 私のやる気スイッチ。
料理は楽しい☆

お弁当もずーっとつくっています。
子供たちがカソリックの幼稚園でお弁当もちだったので6年間ずっと作っていました。
そして、長男の私立中高一貫でもお弁当なので6年はつくることになり、もうすぐ5年目。
で・・次男が高校に入ったらたぶん3年はつくるのかなぁ。

毎日毎日いろりどり多種にわたって詰めていたら「かあさん・・もっと飯ふやして!! 野菜いらない。肉もっといれて!!」ですと。
「えーっ?!茶色い弁当になっちゃうじゃん」
「いいよー。べつに。色合いなんか誰も見とらんし・・とにかく肉いれて!」とまぁ。。いろいろリクエストされますが、大変なんだからねぇ!!

かくいう私も。。母にいろどりどりの弁当をOLになってもずーっと作ってもらっておりました(笑)
母への感謝をこめる意味でも息子たちに返してまーす。
夫は・・といえばトラウマにならんばかりの弁当だったらしいのです。
なんと煮物だけ!!エブリディ煮物・・煮汁で教科書にシミが・・などと言ってました。
でも義母は仕事が忙しかったのですもの・・仕方ないですよね☆
忙しい義母をよく理解し、いつも手伝って・・夫は本当に小さいころから素晴らしかったのです。
夫が「弁当をちゃんと子供たちに作ってやってくれ」のなにげない一言に愛をいっぱい感じます。
母るりっち・・これからもがんばるね✨

みんなは何がソウルフードなのかなぁ??
by aroma-mamayuiko | 2012-02-21 22:26 | Comments(0)