あろまママるりっちさんのあるがままアロマライフ☆

rurimama.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

にゃんこパニック!!

母の誕生日も近いからと・・プレゼントをもって日曜日に実家に行ったら・・問題大勃発でした!!

まずは  CDデッキの音がでないと!!
かつて音響をやっていた私・・機器がちょっと複雑でも、ある程度はわかると思いきや・・なんも複雑ではない・・
CDに切り替え、再生ボタンを押すと ちゃんと音がでますーーー。
ショスタコーヴッツ🎵 また聞けてよかったね。
父 びっくり。。「買ってすぐに 壊れたと思っちゃったじゃん」ですと。
お年寄りあるあるです。

次なる問題は 屋根問題!!
24号の台風で 屋根のなんらかのカバーがずれて それがいつか落ちてきたら・・と思うと心配で眠れなくなったしまったのだという。。

なんらか・・というのが 太陽光パネル。
すでに無用の長物と化していました。10年すぎると契約をしてくれる電力会社もなく。。蓄熱もできず・・あーあ・・。
ボロッボロになったパネルのなにかがずれそうで、叔父がカバーを被せておいてくれたものが外れたのではないかな?
叔父が 近日見にきてくれるということで 安堵しました。


b0147061_21510732.jpg
クライアントのSさまがくださった ハロウィンのカード。
かわいいです〜♡

そして大問題 猫〜〜!!!
父が「地域猫」といって 飼っていたニャンコなのだけど、{避妊手術していなかった}・・と告白。

代替わりするってことは手術などできなかった証拠だし・・考えてみれば 嘘と見抜けたはずなのに! まるっと信じました・・135.png

猫たちの逃げ足は早く・・とてもじゃないですが、捕獲できるばすもなく・・前途多難。

かわいいからと・・
かわいそうだからと餌やりしていたら 秋になって急に4匹・・そしてまた4匹・・なんと8匹も子猫が吐き出し口のそばを走り回っている次第です。
父も自分が原因とわかっていても あまりにも心がつぶれそうで 怒りモードを私にぶつけてくるのです。
理不尽だ〜。

人間のエゴに振り回されて、、猫がいちばんかわいそう・・、
いろいろと私からは正論をかましてしまいましたが・・聞く耳などもちゃしません。
「俺が増やしたわけじゃない・・勝手に増えたんだ、俺は知らん」と、逆ギレです。

ジジィめーーーー!! と、ついつい心のなかでシャウト。

ただ、
肺気腫も進行し 次第に動けなくなってきた父・・伴侶マコはくも膜下出血で倒れたときの後遺症で立派な高次脳障害患者。
なにが目の前で起こっているかわからず ヘラヘラ笑ってばかりのマコと動けないカッちゃんを前にして 立ちはだかる多いなる課題で私が眠れなくなりそう。

でも親への思いやりは決して忘れてはいけません。
「保健所に電話してみて」と帰りがけに連絡先を教えて帰りました。

月曜日は 本校さんでヒーリング研修の補講があり、いっぱい父たちにもエネルギーを送らせてもらいました。

そして今日・・火曜日です。

早朝 父から電話がありました・・普段は電話をしてこないから なーんか嫌な予感。
いきなり怒り口調なのです。「やっばりCDから音がでんじゃん!! 」
あれほど説明したのに・・ふたたび説明しても拉致があかないので私も「そんなの もーう知らん。目の前で動いたの見たじゃんか。」
でも本題はやはり猫のことでした。

「俺・・猫たちが殺処分って言われたら かわいそすぎて死にそうになる・・だもんで・・保健所に電話できない。
唯子・・電話して!! 俺 もうずっと猫が心配で眠れんわ」と141.png

たまたま仕事が午前から午後へ移行したので、すぐに電話しました。(いくらなんでも 殺処分はないでしょ・・と思いつつも・・途方にくれました)

豊橋の保健所・・名古屋市の動物愛護センター・・愛知県動物保護管理センター・・に電話して すべて話し。。かつ、いろいろ伺ったのですが・・
どちらもどちらで たらい回しされました。

豊橋では もう補助金が出せません・・と。
捕獲器くらいは貸します。と。
地域猫として自治会か組長さんの署名をもらい・・猫の写真を残らずとってください。そうしたら許可がでます。(なんの許可? と思いきや)地域猫として飼ってあげてください・・ですと。

地域猫として飼うならば補助金を出します・・ただし来年4月からしか出せませんと。。(その間にまた生まれるやん)
老人ばかりの地区・・めっちゃ過疎化している地域でです。
(組長も うちの父より年上。)

かわいい地域猫・・みんなで飼いましょう・・と言っている場合ではないのです。過疎地区ということは 猫の世話・・どなたもできなくなっていくのです。
スーパーはどんどんつぶれ。コンビニすら撤退してしまった 老老介護で必死なかたばかりの地域なのです。

県の保護センターさんに言われました。
「だいたいね、 勝手に餌をあげて あげく猫が増えてしまって困る・・と言ってくるのは お年寄りばかりなんです」と。
耳が痛かった。。

早くニャンコたちを保護してあげないと。。
ニャンコたちの里親を探さないと・・・
かつ・・・母猫も早く 保護して避妊させないと・・

頭がパニック・・になりそうでした。
午後からのクライアントさまとアロマタイムを過ごさせていただき、深呼吸〜
ちょっと気持ちリセット。


b0147061_21511607.jpg
刺繍糸で吊ったクモさんがかわいい♡

ボランティアの「ハート」さまに連絡し、たくさんお叱りいただき 少しづつ打開策を模索しはじめました。

ボランティアのFさま・・・厳しく言ってくださいますが、とても愛いっぱいで 信頼できるかたとお見受けしました。

日曜日に私が「餌をあげちゃうから来るんだよ。もう餌をあげちゃだめ・・ここであげなくても 地域猫なら誰かもあげてるでしょ?」と父に言ったら 
父・・「そんなかわいそうなことできんよ」と。

これ・・ボランティアのかたに言わせますと「勝手に餌をやり、勝手に辞める・・これ、十分 動物虐待です。罰則100万だせますか?」と言われました。
知らなかった! すぐに謝罪させていただきました。父にも・・。

勝手にやめてはダメならば、勝手にあげてもダメなのだと よくわかりました。
父は情が厚く、猫が大好きでしかたないのです。
でもたいそう心が弱く、肝心なことは人に丸投げして 大事なことから 逃げ出すところが昔からありました。

私も弟もよく そのあたりはわかっているので たんたんと事を進めるしかありません。
愛をもって・・
なにが猫たちに最良か・・
思案しています。
心配がわいてしまいますが、今の時期にこういう事が起きるって意味があるのだと感じます。

起こることには意味がある。
今の渦中は ちょっと辛いのですが・・
一生懸命 進んだら きっと振り返ると愛・・ばかりなのだと信じます。
それには一歩も二歩も進むしかありません。

謝罪を送り始めたら急に・・
「わがまま言って・・本当にごめん」と夕方 父から電話がありました。
本人も反省しているのです・・
サポートするしかありません。自分の親ですし。。(あぁでも。。不安)

プログのほうに進捗を載せさせていただきます。

猫好きなかたとご縁が広がりますように・・
いいかたと出会えますように・・。

日曜日
ニャンコたちとじっと見つめ合いましたが、綺麗なニャンコたちでした、

どうか・・どうぞ・・可愛がってくださる方と ニャンたちが出会いますように ・・・。
ひたすらに祈ります。。


b0147061_21513002.jpg

我が家では まもなく16歳になる老犬 ぶりんちゃんがいます。
ぷりんちゃん・・必死で生きています。頑張れ!
新聞を広げてよむと すぐに邪魔しにきますが・・・猫のような犬です〜。







by aroma-mamayuiko | 2018-10-23 22:33 | マイライフ | Comments(0)